健康

本田真凜さんの食事管理意識の高さにびっくり!

更新日:

Photos – Junior World Championships 2016 – Ladies (Marin HONDA JPN – Gold Medal) 03

本田真凜さんはフィギュアスケートで最近注目を集めている選手の1人です。自分はテレビをほとんど観ないので,皆さんの方がずっとよくご存じかと思います。

ですが,最近ふと目にした動画で,彼女が小学生のうちから,栄養学なるものを本でしっかりと学んでいたことを知り,大変感銘を受けました。

今更ながら食事バランスの大切さを実感することになった自分ですが,これを機に食事の見直しをしていこうと思ったわけです。

 

上の映像だと40秒から,本田真凜さん自身が書いたノートと,参考にしている献立の本が出てきます。

 

実際にこれがどのような本なのか調べてみました。

補食』という言葉がノートにメモってあったので,スポーツ栄養学的な内容にも触れている本なのでしょうか。もう出版されていないようですが,中古では買えるようです。小学生のお子様をお持ちの方は,手に入れてみてはいかがでしょう↓↓

 

アスリートの食事の基本形は,本田真凜さんのノートにも書いてあるように,

主食+主菜+副菜+汁物(副菜扱い)+果物(+あとは牛乳・乳製品)

からなります。

これらの5食を毎食そろえるように心がけることで,バランスの取れた献立が自然とできあがるという仕組みです。

 

どんなものかざっと紹介すると,

主食というのは,エネルギー源となるもの。例:ごはんやパン

主菜はタンパク源となる食品。例:肉や魚に加え,卵や大豆製品(意外ですよね。学ぶまでは野菜だと思ってました。)

副菜はビタミン・ミネラル源となるもの。例:野菜,キノコや海藻,イモ類

果物はビタミンC源

牛乳・乳製品はカルシウム源

となります。

 

一般人である自分も,この5食を意識することで,スーパーでの食事選びがしっかりしてきました。

何も考えずにひたすらに食べて体重を頑張って増やすことに成功した自分ですが,今は体重をあまり落とさずに体脂肪だけ落とそうとダイエットしています。

ダイエットに加え,同時に日記をつけ始めた関係で,実際に食べたもののカロリーや体重・体脂肪などの記録も取っています。

そうすることで,前に記事にしたダイエットの2つのアプローチを意識しつつ健康管理ができるようになりました。

 

ダイエット日記については以下の記事で紹介していますので,よろしければ見てみてください↓↓

 

本田真凜さんの場合は,さらにそれだけにとどまらず,それぞれの栄養素のケガに対する効果などについてまとめていますね。

ノートに書いてある,『捻挫にはカルシウムとビタミンCを意識的に多く取るべき』なんてことを知っておくと,実生活でかなり役立ちます(スポーツしていると捻挫する人が非常に多いです)。

 

以前,ひどい骨折をした栄養学者の方が卵の殻をすり鉢ですりつぶして飲んでいましたが,そういう『栄養学に基づいた食育』というのでしょうか,『体は食べたものでできている』という考え方は,今の自分にとって大変な関心事の一つです。

特にカルシウムは日本の土壌にそもそも少ないということで,自分はサプリメントも使って毎日取るようにしています(カルシウムはホウレン草にも含まれているんですよね。意外ではないですか)。

 

毎日3食作って食べるのってほんと大変ですけど,楽しんで食事選びなどやっていけたら,人生得した気分になるように感じます。

もうすぐ体育祭が始まる学校もありますが,自分以外のご家族の食事管理の方も,しっかりできたらいいですね!

 

以上,本田真凜さんにみる,トップアスリートの食事管理意識の高さについてでした。

参考になれば幸いです。

管理人のおすすめ

1

今回は前回ジャックロードで購入したエクスプローラーI(Ref.214270)のレビューの方していきたいと思います。 エクワンを購入してからもう1ヶ月が経とうとしていますが,普通に毎日使ってみての使用感 ...

2

今回はデスクワークの頼れる相棒である『アーロンチェア リマスタード』についてレビューの方してみたいと思います。 デスクワークに多くの時間を費やされる方は是非ご一読ください! 目次アーロンチェア リマス ...

3

木を見て森を見ず…節約するときの新常識です(笑) 「節約をしよう!」と思ったとき,電気をマメに消すとか,シャワーの水を減らすとか,買い物でちょっと安いものの方を選ぶといった工夫をしがちですが,もっと大 ...

-健康

Copyright© やり直し.com , 2019 All Rights Reserved.