健康

え?できない!新しくランニングを始める前のカンタン診断!

更新日:

LaBruixa / Pixabay

最近は天気も良いいので,これまでいろんな言い訳をしつつ避けてきたランニングを再び始めようという気持ちが,なんだか高まってきませんか?

これを機に心機一転,ランニングを始めて,自分はどこまで体脂肪率を落としてやせられるのか,今度こそ3日坊主ではないことを周りの誰かに見せつけるべく,一緒に頑張っていきたいですね!

 

ですが・・・

 

ランニングを新しく始めるにあたって,1つ自分自身に問わねばならない質問があります。それは,

『自分にランニングをする資格があるか』

ということです。

 

あ,資格といっても免許とかそういう類いのものが必要っていう意味ではないですよ!「自分がランニングをするにあたって,必要な脚力があるか。」という意味の「資格」です。

「ランニングをする資格がそもそも自分には備わっているのか?」「ランニングの資質はあるのか?」という話です。

 

実はランニングを始める前に脚力の簡単なチェックができるみたいなので,今回はその診断テストを紹介したいと思います!

 

 

はたして自分は本当にランニングができる身体なんでしょうか?

TeroVesalainen / Pixabay

「ランニングを始めることにしました!」と決心することは,理想の自分に近づくための,大きな覚悟がいる大変なことです。その気持ちに至った時点で,まずは大きな第一歩目を踏み出せていることになります。よく,その境地に至りましたね,偉いです!

ですが,その理想の自分になるために,わざわざランニングをする必要はありますか。ウォーキングで十分ではないでしょうか。

 

さて,ちょっとここでランニングとウォーキングの違いを知っておきましょう。

いきなり答えになりますが,これら2つの違いは,『両脚が地面を離れる瞬間があるかないか』です。

つまりジャンプの有無がウォーキングとランニングを大きく分けています。

 

この「ジャンプ」という行為が大きなくせ者で,健康な毎日に欠かせない『膝や脛,足首』をケガしてしまうという最悪の結末に導いてくれたりします(最悪)。ジャンプした場合,片足には体重の3倍もの重さがかかるからだと言われています。

もし,いきなりのランニングデビュー戦でケガをしてしまったら,ランニングとは永遠の別れになることがほとんどです。知人が地元でフットサルのチームに加わったのですが,練習中に肉離れになってしまい,それが怖くなって2度とチームに参加しなくなってしまいました。

このように,ケガは恐怖を,恐怖はあきらめを生むというのが世の中のルールみたいです。

 

もちろんランニングにおいても,走って足が痛くなると,「また次に痛くなったらやだなぁ」と,やめてしまうことにつながります。

自分の場合,いったんランニングを始めて20分くらい経ったときあたりから,脛がしびれる感じに痛くなり,そこからウォーキングに変えてみても,脚が地面につくたびにビリビリし続けていました。息が上がっていないのに,脚が痛くて走れないのはすごく悲しい体験でした。

 

ちなみに,世には『ジョギング』という言葉もありますが,ランニングやウォーキングとの違いを「走る速度」に注目して考えてしてしまうと,競歩のように 1km 4分という驚異の速さ(普通のランニングが1km 5分)で歩く場合はどうするんだとか,よくわからなくなってしまいます。

 

ゆえに,動く際のジャンプの有無,つまり,走るのか歩くのかだけで以下のように呼び分けるのがいいと思います。

ウォーキング=歩くこと
ランニング=走ること

というわけですね。

 

さて,今回はランニングがテーマなので,「ウォーキングでいいじゃないですか,早く歩けば十分やせますよ。」なんて,ここで終わらせるわけにはいきません(しかも今回は自分の初投稿でもあります)!

そのため,次に紹介するテストで,ランニングを始めるための脚力が備わっているのかしっかりチェックしましょう。

その上で,脚力が足りないことが判明してしまった場合は,ひとまずランニングは諦め,ウォーキングや脚のトレーニングをすることから始めて,身体ができてきたらランニングに移行するという形をとっていただきたいと思います。

 

それでは,ランニングをする資格が果たして自分にはあるのか,チェックの方していきましょう!!

 

身体の衰えを実感してしまう,切なさ不可避の脚力チェック『立ち上がりテスト』

qimono / Pixabay

これからやっていくのは『立ち上がりテスト』と呼ばれているものです。

カンタンに言えば,片足でバランスを崩さずに椅子から立ち上がれるかを測ります。どこまで低い椅子から立ち上がれるのかによって,ランニングに必要な脚力が自分に備わっているのかわかるわけです。

さて,気になる椅子の高さですが,性別や年齢で異なっています。

『女性』→20代なら30㎝,30代以降は40㎝
『男性』→20代なら20cm,30代なら30㎝,40代以降は40㎝

 

以下のような立ち上がりテスト専用の箱も売っているようですが,高いものだと数十万円くらいするようです。それほどまでの価値がこのテストにはあるということなのでしょうか。ここまでくるともはや意味がわかりませんね↓
 
ダンノのスタンディングアップBOXを楽天で見てみる!
 

胸の前で手を組んでやるだとか,地面と脚の角度は70度にするといいなど,立ち上がりテストの詳しいやり方を知りたい方は,以下のリンク先を確認してみてください。動画もあるようです↓↓

立ち上がりテスト

 

 

診断に基づく次のステップ紹介!

MedicalPrudens / Pixabay

さて,結果はどうでしたか。自分の場合,全然立てなくて,40㎝でさえ無理でした。

「え,こんなのアスリートの人しかできないんじゃないの?」と思って,周りにいた中学生や高校生の子にやってもらったんですが,

・・・こ,こやつら,スッと立ちやがる(驚愕)!!

部活から遠ざかった日々は思っているよりも昔のことだったんだと思い知らされました。

 

さて,自分のように悲しい現実を突きつけられてしまった方は,次に,

初心者必見!新しくランニングを始めるための準備(脚力編)

Greyerbaby / Pixabay こんにちは。今日も元気に頑張っていきましょう! 今回は,「久しぶりにランニングを始めるよー」とか,「健康のために新しく始めてみますよー」といったランニング初心 ...

に進んでください!ランニングを始める前に特別メニューをしないといけません。さもないと,走り出してすぐ痛い思いをすることになり,ランニングをその後一切したくなくなります(ソースは私)。

 

一方で,「へへん,鍛え方が違うんです」と,軽く立ち上がりテストをこなせた方は,おめでとうございます!

最も効果的に脂肪燃焼するために考える2つのこと

ZPhotoo / Pixabay 例えば,『ジムに行ってエアロバイクを漕げば痩せる』というのは,なんだか確からしいことのように思えます。 それでは,買い物に行くときなど,日常生活で自転車に乗っている ...

に進んでください。ランニングで,最も効果的に脂肪を燃焼させるペースや頻度について学んでいきましょう。

 

 

今回のまとめ

Photo-Mix / Pixabay

  1. ランニングをする前に,立ち上がりテストをして脚力をチェックする必要がある。テストに合格せずにランニングをすると膝・すね・足首のいずれかをケガすること必至。
  2. 立ち上がりテストというのは大腿四頭筋の筋力を測るためのもので,大体20~40㎝の高さの椅子から,片足でバランスを崩さずに立ち上がれたら合格となる。その場合,ランニングをする十分な資格があなたには備わっています。
  3. 私のように立ち上がることができなければ,脚力を鍛える運動やウォーキングという補習授業を取らねばならず,因縁の立ち上がりテストの再試を受けなくてはならない。

今回の記事は以上です。ありがとうございました。

管理人のおすすめ

1

今回は前回ジャックロードで購入したエクスプローラーI(Ref.214270)のレビューの方していきたいと思います。 エクワンを購入してからもう1ヶ月が経とうとしていますが,普通に毎日使ってみての使用感 ...

2

今回はデスクワークの頼れる相棒である『アーロンチェア リマスタード』についてレビューの方してみたいと思います。 デスクワークに多くの時間を費やされる方は是非ご一読ください! 目次アーロンチェア リマス ...

3

木を見て森を見ず…節約するときの新常識です(笑) 「節約をしよう!」と思ったとき,電気をマメに消すとか,シャワーの水を減らすとか,買い物でちょっと安いものの方を選ぶといった工夫をしがちですが,もっと大 ...

-健康

Copyright© やり直し.com , 2019 All Rights Reserved.