生活

アイロンがけを楽にする!Panasonicのカルルをレビュー!

投稿日:

つい最近まで,アイロンといえばかなり面倒なもので,どんどん洗濯物がアイロンをかけずにたまっていってしまうという悪循環に入ってしまいました。

そんなとき旅行先のホテルで出会ったのが,今回レビューするPanasonicのカルルと腰の高さまであるアイロン台だったのです。

早速,自宅にも常備させることを決め,「楽に,そしてきれいにアイロンできる」満足な生活を手に入れることができました。

今回は,そういった一連の出来事を詳しくレビューしていきたいと思います。

Panasonicのカルルと運命の出会い

それはちょうど旅行先で泊まったホテルでのこと。

3泊4日の日程でほど鳥取県の方に行ってきたのですが,その2・3泊目は全日空ホテルにて過ごしました。

全日空ホテルの内装

部屋がキレイだったのはもちろんでしたが,そのクローゼットに備え付けられていたのが,Panasonicのカルルだったのです。

ちょうどシャツをアイロンがけしたかったこともあって,なんとなく使わせてもらったのですが,とにかく軽く,そして楽にアイロンがけできたことに衝撃を受けました。

あれ,全然家のアイロンと違う,と。

全日空ホテルのアイロン紹介

色合いが白っぽかったので,右2列のどちらかだったと思います。

早速楽天のサイトで調べて,カートに入れておきました。

 

 

カルルのWLシリーズ(NI-WL704)のレビュー

PanasonicのWLシリーズのレビュー

カルルで一番人気があったのが,WLというシリーズのコードレススチームアイロンです。

自分は色が気に入ってNI-WL704という機種にしましたが,違いはアイロン面の素材(滑りやすさが変わる)だけで,その他の特徴は共通です。

  1. Wヘッドベース
  2. 全面スチーム
  3. 立ち上がりまでの時間が100秒
  4. その他に使いやすい工夫がいくつもある

カルルシリーズが大切にしているのはこの4つ。

最初の『Wヘッドベース』というのは,アイロン面が前後左右対称的であることを指し,どの方向にアイロンを動かしてもシワになりにくいというもの。

先端がより細くボタンの周りにうまく入り込めるほか,ベースの面積が広いので,洋服のかなりの範囲を1度にカバーできます。

また,2つ目の特徴である『全面スチーム』ですが,よくある前だけではなくアイロン面全体からスチームが勢いよく噴出され,切り替えスイッチも使いこなせば衣服の種類によってスチーム量を調節できてより楽にアイロンがけができてしまうんです↓↓

全面スチームは種類が豊富

水を入れるタンクも大容量で,スチームが長続きします。

その他にも,スイッチを入れてから使えるようになるまで100秒しかかからないので,急にアイロンをかけようと思ったとしてもOKです。

やけどをしないような形状であったり,スイッチを切り忘れても10分で自動OFFになる機能もあり,安心して使うことができるところも気に入っています。

 

 

アイロン台や当て布にもこだわる

先の全日空ホテルのクローゼットですが,カルルの他にアイロン台も収納されていました。

全日空ホテルのクローゼット

写真はボケてしまった上にファブリーズしか写っていませんが,このクローゼットの右端に折り畳み式のアイロン台があり,しかもそれがハンガーにかかっていたので,これも中々にビックリしました。

これまでは地べたに座ってアイロンをかけていた私ですが,これは腰の高さにまでくるほどのアイロン台で,立ってかけられるのがこれまた楽チンなんです!

調べるとアルミコーティングされているとよりスチームが通りやすいそうなので,その機能付きで高さを調節できるアイロン台を買いました。

自分が購入したものは,先端が上のようにやや細くなっていて,それを首に見立てて服を着させてアイロンがけするとかなりきれいに仕上がります(逆にボタンプレス機能はあまり使っていません)。

実際にクローゼットにかけられるものも売っていますし,身長が175cm以上の方はもうちょっと高さが高い(90㎝くらい)の方がよいかもしれません。

それに加え,あて布もPanasonicで推奨されているものに変えてみましたが,やはり100均のものとは違いますね。

しっかりと衣服(主にTシャツ)へのダメージを押さえてくれて助かっています。

 

 

まとめ

Panasonicのカルルのレビュー

以上,Panasonicのカルル(NI-WL704)と腰の高さまで来るアイロン台のレビューでした。

私は今回,一つの旅行を機に,

  • アイロン
  • アイロン台
  • あて布

の3つを一新することになりました。

Panasonicのカルルは名前の通り大変軽く,スチームが強力で,コードレスで大変使いやすいアイロンであり,頼れる相棒になるのが,アルミコーティングされた腰の高さまで来るアイロン台です。

このコンビネーションは驚くほど,我が家の生活環境を向上させてくれ,あれほど敬遠していたアイロンがけが今では全然苦にならなくなりました。

ちょっと外に出るときであっても,服のちょっとしたシワも伸ばしていくことが当たり前になり,人としてちょっと成長したように感じます。

是非,みなさまもアイロンがけの環境を見直してみてはいかがでしょうか。

 

管理人のおすすめ

1

今回は前回ジャックロードで購入したエクスプローラーI(Ref.214270)のレビューの方していきたいと思います。 エクワンを購入してからもう1ヶ月が経とうとしていますが,普通に毎日使ってみての使用感 ...

2

今回はデスクワークの頼れる相棒である『アーロンチェア リマスタード』についてレビューの方してみたいと思います。 デスクワークに多くの時間を費やされる方は是非ご一読ください! 目次アーロンチェア リマス ...

3

木を見て森を見ず…節約するときの新常識です(笑) 「節約をしよう!」と思ったとき,電気をマメに消すとか,シャワーの水を減らすとか,買い物でちょっと安いものの方を選ぶといった工夫をしがちですが,もっと大 ...

-生活

Copyright© やり直し.com , 2019 All Rights Reserved.